【NEW OPEN】仙台カフェ SORA CAFE(ソラカフェ)

2022年1月26日に、仙台市若林区土樋の昭和市電通り沿いにOPENしたカフェです。

店主の酒井さんは大阪出身で、前職はホテルモントレ仙台の調理人。

スイーツはもちろん、中国料理を7年間作り続けた店主が作る中華カフェ飯あります!

地元のTV、『OH!バンデス』『あらあらかしこ』に取り上げられていました。

スポンサーリンク

SORA CAFEのおすすめポイント

  • 読書・作業に最適
  • コーヒーが美味しい
  • 中国料理を7年間作り続けた店主が作るカフェ飯あり

SORA CAFEのメニュー

店名の「SORA」は「青空(ソラ)」から

辻調理師専門学校卒業後、中国料理を7年間作り続けた店主が作る本格派麻婆豆腐が気になります!

バスクチーズケーキは、蔵王クリームをふんだんに使用し、ほどよい酸味の効いた濃厚なバスクチーズケーキ。

プリンは、自家製ですべての素材にこだわっているとか。

一杯一杯ハンドドリップしており、使っているのはORIGAMIのドリッパー。

カラフルで見ているだけでも元気もらえるアイテムです。

コーヒーは『darestore Coffee Roastery』Quiet Cornerの豆を、焙煎度合いによって使い分けているそうです。

私は普段ブラックコーヒーは飲まないのですが、今回いただいたインドネシア(浅煎り)は飲みやすく、とても美味しくいただきました!

SORA CAFEのカップ&ソーサー(ジェームス・オペ)

虹をモチーフにしたパステルカラーの優しくて明るいカップ&ソーサー。

こちらは、宮城県柴田町在住のイギリス人陶芸家ジェームス・オペ(James Oppé)さんの雷窯(いかずちかま)で作られたものです。

窯の名称は、柴田町の山側にある雷という地名からつけられました。

陶器はつやがあり、口当たりが優しくなっています。

しかも、とっても軽い!

陶器って重いものが多いので、持った瞬間驚きでした。

お店のカップ&ソーサーは、お店のために新しく作ってもらったんだそうです。

虹をモチーフにしたカラフルで明るい作品が印象的な作品は、「希望」や「平和」の象徴でもある虹から、見る人の心をポジティブにしたいという願いが込められています。

SORA CAFEの店舗情報

店名SORA CAFE(ソラカフェ)
住所仙台市若林区土樋8 パルメゾン土樋マンション 1F
(地下鉄愛宕橋駅と河原町駅から徒歩約5分)
営業時間12:00-18:00
定休日火曜日
駐車場なし
お支払い現金・Paypay
Wi-Fi/電源なし
テイクアウト
UberEats
HP/SNSHPなし/Instagram
販売

コメント

タイトルとURLをコピーしました