【9:30~OPEN】ブランチにおすすめ 仙台カフェ HEY(ヘイ)

2019年12月にオープンした「HEY(ヘイ)」は、仙台市青葉区立町の人気カフェ「welcome」とドーナツが有名な「Oval coffee stand」が融合したカフェです。

仙台高等裁判所向かいのカフェMEALS跡地です。

朝9:30からOPENしているのでブランチにおすすめのカフェです!

スポンサーリンク

HEY(ヘイ)のおすすめポイント

  • 読書・作業もOK
  • ブランチ・ランチ・カフェ飯が豊富(9:30~OPEN)
  • ドーナツが人気(テイクアウト可能)

HEY(ヘイ)のメニュー

期間限定ドーナツもあります

店内に入ってすぐ目を引くのはショーケースに並んだドーナツたち。

ドーナツは行列になるくらい人気で、テイクアウトだけに訪れるお客様もいました。

ドーナツ:カエルの「ケロメンくん」 350円(税込)

カエルの「ケロメンくん」 350円(税込)は、抹茶のチョコのコーティングで、中にはピンクグレープフルーツが隠れていてビターさと爽やかさが楽しめる大人なドーナツです。

カエルの表情が好きです。

このドーナツは見た目からも差し入れなどにも喜ばれそうですね!

フード:Nord

HEYはカフェ飯がほんとうに豊富です!

とっても美味しいですし、健康的なプレートがうれしいところ。

Nordはワンプレートに、サラダ、半熟目玉焼き、ベーコン、サーモン、アサリが乗っています。

フード:Meal Ball

Meal Ballは、香ばしいパン、ミートボール4個、フライドポテトのワンプレートです。

FOODを頼むとドリンクが100円引きになるので、こちらもおすすめです。

飲み物もだいぶ本格的で、マサラチャイラテ(Hot)は香りだけで異国気分になります!

HEY(ヘイ)のメニューに写真が無い理由

メニューが豊富なので、なんども訪れたいカフェです。

メニューには写真がないので、「どんな料理だろう?」と創造力も掻き立てられてそこもちょっとドキドキして楽しめます!

オーナーがアメリカに行った時、材料だけ書かれた完全にわからないメニュー表から注文して、頼んだものがきた時に「こういうのか〜!」って驚き、そして食べたら美味しかったという経験をしてきたから取り入れたかった ”メニュー写真なし”のようです。

逆に海外に行った時に「HEYっぽい」と思ってくれたらいいな。とも。

HEY(ヘイ)の店内・内観

店員さんもオシャレですが、お客様もオシャレな人たちが多かったです。

と思っていたら、理由が分かりました!

客席にはポートランドの作家Jess Ackermanさんの絵が飾られています

「HEY」には、飲食店未経験の元アパレルスタッフがいます。

そのため、飲食店経験者にはない視点の「雑談のような接客」をして欲しい、普通の飲食店ではしないような「無駄話」みたいな会話を生み出して欲しいというオーナーの意図が隠されていました。

食器や花器も店内で購入可能

なるほど。

どうりで、初めてひとり訪れた全身ブラック、黒ずくめの全然オシャレではない私にもとても丁寧に会話をしてくれました。

「お写真撮ってもいいですか?」というお願いも素敵な笑顔で快諾してくれて、店員さんのファンになりそうです!

HEY(ヘイ)の店舗情報

店名HEY(ヘイ)
住所仙台市青葉区片平1-1-11 カタヒラビル1F
営業時間短縮営業時間 9:30-18:00
定休日不定休(SNSにて告知)
駐車場なし
お支払いカード可・電子マネー可
Wi-Fi/電源なし
テイクアウトあり
UberEats
HP/SNSHEY STOREInstagram
販売コーヒー豆・ドーナツ・雑貨・オンラインショップもあり

おすすめ本「重力ピエロ(新潮文庫)伊坂 幸太郎」

映画「重力ピエロ」のロケ地は、この場所でした。

泉水と春が座っていたお店です。

重力ピエロは、最後で全ての物語がつながります。

それまでの伏線が多くて、続きがきになり、長い本ですが一気読みしたくなります。

きっと泣いちゃう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました