【おすすめ隠れ家】 仙台カフェ cafe mon st. lou (カフェ・モンサンルー)

2001年にOPENした住宅街にある隠れ家カフェです。

通るたびに気になっていたのですが、ちょっと入るのに勇気がいりました。

しかし、ドアを開けてみてビックリ。

外観とのギャップが激しいカフェです!

非常に雰囲気が素敵な落ち着く店内です。

もっと早く訪れていたら良かった。そんなカフェです。

スポンサーリンク

モンサンルーのおすすめポイント

モンサンルーというお店の名前は、フランスの地域の名前だそう。

マスターは、仙台の老舗喫茶店カフェ・ド・ギャルソンで修行していたそう。

マスターの人柄の良さがほんとうに滲み出まくっており、また訪れたい隠れ家カフェです。

  • 読書に最適
  • カフェ飯として焼きサンドあり
  • 落ち着いた雰囲気で心地よい

奥に小さな小部屋とギャラリーがあります。

ギャラリーでは不定期で作品展が開催されています。

隠れ家という言葉がピッタリの秘密基地感覚のカフェです!

モンサンルーのメニュー

モンサンルーは、ドリンクのメニューがたくさんです!

コーヒー、紅茶、ハーブティー、ノンカフェイン、気分に適したものを選べます。

メニューに『天の***』『月の***』と宇宙感じる文言が気になります。

愛され続けて20年の焼きサンドイッチは、はちみつシナモンバナナツナチーズアボカドハムチーズレタスの3種類です。

いまはチーズケーキは作っていないとのことで、カプリ風チョコレートケーキをいただきました。

モンサンルーのウインナコーヒーとカプリ風チョコレートケーキ

ウインナコーヒーは、お砂糖は入っていないのでお好みで砂糖を!

きちんとコーヒーの苦みがあり、なめらかな生クリームととても合います。

カプリ風チョコレートケーキは、ガトーショコラですね。

甘さ控えめで濃厚なチョコレートケーキで、ほんのり洋酒が香ります。

カップ&ソーサーはROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)

モンサンルーで今回私が頂いたコーヒーとケーキのカップ&ソーサーは、ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)のものでした。

ロイヤルコペンハーゲン。。名前は聞いたことありますが、詳しくないのでちょっと調べてみました。

デンマークの陶磁器メーカーで、正式名称は「ロイヤル・コペンハーゲン陶磁器工房」。

工房というところが職人的でいいですね。

絵付けはすべて手描きで、製品の裏側にはロイヤルコペンハーゲンのマークと、アーティストのサイン、シェーブナンパーが入れられています。

創業当時から東洋の青い染付の影響を強く受け、手描きによるコバルトブルーの絵柄が特徴です。

マークは王冠と三本の鮮かな波型ラインで構成されています。

この波型ラインまでがマークだったと知りませんでした。

この3本の波線は、デンマークを囲む3つの海峡を現し、その上に王室御用達を意味する王冠が輝いています。

どのブランドのロゴやマークも、背景や意味が込められているので、知ると誰かにいいたくなります!

モンサンルーの店舗情報

店名cafe mon st. lou (カフェ・モンサンルー)
住所宮城県仙台市青葉区上杉2丁目3−42 カーサ上杉1F カーサ上杉
※仙台地下鉄・北四番丁駅→北1出口より徒歩2分
営業時間13:00-18:30(L.O.18:00)
定休日火曜日
駐車場なし
お支払い現金のみ
Wi-Fi/電源なし
テイクアウト
UberEats
HP/SNSHPInstagramTwitter
販売
memoパソコン作業はNG

コメント

タイトルとURLをコピーしました