【フレンチガーリーな隠れ家】仙台カフェ パティスリー La Douce Vie(ラ・ドゥース・ヴィ)

太白区富沢の人気店 La Douce Vie (ラ・ドゥース・ヴィ)は、フランス語で「心地よい生活」という意味のパティスリー&カフェ。

手作りのお菓子を通じ、心地よい生活を送るきっかけの場となりたいという想いから、2000年8月にOPEN。

イートインもテイクアウトも可能です!

スポンサーリンク

La Douce Vie(ラ・ドゥース・ヴィ)のおすすめポイント

・パリでお菓子作りを学んだ店主のスイーツが美味しい
・フレンチガーリーな雰囲気の素敵な空間
・ランチあり

La Douce Vie(ラ・ドゥース・ヴィ)のメニュー

アフタヌーンティー(要予約)
メニュー

キッシュ(パン・キャロットラぺ付き)

ランチがてら、キッシュ(パン・キャロットラぺ付き)を注文。

ふわふわのパンと具がいっぱいのキッシュ、ニンジンラぺがワンプレートで提供されます。

あたたかく、ブロッコリーやベーコンがたっぷりで、とても美味しい。

パンにバターなどは付いていないのですが、ふわっふわでしっとりしていて、香ばしく、そのままでもあっという間に完食しちゃいます。

ロイヤルミルクティー
カフェ・オレ

ロイヤルミルクティーカフェ・オレも、たっぷりの量があります!

ランチを食べ終わった後に、ゆっくりと飲みながら談笑できます。

カップ&ソーサーは、英国王室御用達ブランド「WEDGWOOD ウェッジウッド」でした。

シンプルですが、気品があるデザインで素敵。

アフタヌーンティー(要予約)

アフタヌーンティー
https://www.instagram.com/p/ChhVPppP9c5/

人気の「アフタヌーンティー」は要予約で、ご家族で楽しまれたりする方も多いようです。

満足感が半端ない素敵な時間になりそうです!

カフェ・グルモン

https://www.instagram.com/p/ChUcn7XP7RP/

プチデザートと季節のデザートがセットになった盛り合わせ「カフェ・グルモン」は、紅茶も付くのでおすすめのメニュー。

ラ・ドゥース・ヴィのケーキは、「絶品!」という口コミが多いですし、実際にこの日もケーキを買いに来るお客様が何名もいらっしゃいました。

La Douce Vie(ラ・ドゥース・ヴィ)の店内・内観

5卓しかない店内ですが、道路に面した大きな窓から自然光がたくさん入ってきて窮屈さを感じません。

窓際のカウンター席で、ひとりでゆったりと過ごす女性もおりました。

日よけがあるため店内は、ほどよい明るさで爽やかな気持ちになります。

ショーケースには、キッシュやタルト、チーズケーキ、シュークリームなどが並びます。

シュークリームは人気で完売しちゃってました。

焼き菓子やお茶も豊富なので、贈り物にもピッタリです。

焼き菓子のなかに、コーンフレークを使ったお菓子がありました。

他のお店では見たことがなかったので、気になります。

予約席のプレートが置いてあるテーブルもあり、開店と同時にお客様が次々訪れていました。

店主がパリで学んだオリジナルのお菓子は、季節ごとのメニューがあり、いつ訪れても楽しめます。

イートインはもちろん、スイーツやキッシュのテイクアウトもできますので是非!

AOBA GARDEN

併設のAOBA GARDEN(あおばガーデン)には、観葉植物や切り花がたくさんあり、癒されスポットです。

ガーデンを通り抜けてカフェへ行くのもおすすめです!

La Douce Vie(ラ・ドゥース・ヴィ)の店舗情報

店名パティスリー&カフェ La Douce Vie(ラ・ドゥース・ヴィ)
住所仙台市太白区富沢1-12-2
営業時間平日 11:00-17:00
土日 11:00-17:30
電話022-243-0880
定休日月曜日
駐車場あり(2台)
お支払い現金のみ
Wi-Fi/電源なし
テイクアウトあり
UberEats/Walt
HP/SNSHPInstagram

コメント

タイトルとURLをコピーしました