Steve Jobs’ Desk(スティーブ・ジョブズ)

2007 ビル・ゲイツと(wikipedia)

Steven Paul Jobs(スティーブン・ポール・ジョブズ)はアメリカ合衆国カルフォルニア州出身の起業家、実業家、工業デザイナー。Apple創業者で元CEO。

1976(昭和51)年4月1日、現Appleの前身にあたるApple Computer Companyが3人のメンバーによって創業されました!

スポンサーリンク

Appleのロゴマークは何故かじられているのか

ジョブズがロゴマークを考えるにあたり、デザイナーに出したリクエストは1つだけでした。

ジョブズ
ジョブズ

かわいくしないで

いまではリンゴだと当たり前に認識できるAppleのロゴマークですが、最初の案では、すぐリンゴだとは認識されませんでした。

「葉っぱが離れた丸い果実」は複数あり、他の社員からは、さくらんぼにも見えると指摘されます。

これらの問題を解決するために考えられたのが、かじられた跡です。

たったこれだけで、シンプルなデザインはそのままに、人々は「リンゴ」と認識できるようになりました。

ジョブズ
ジョブズ

OK、いいね

ジョブスのこの一言で、おなじみのかじられたリンゴがAppleの公式ロゴマークになりました。

Appleのロゴマークは1977年から1998年までの22年間、6色レインボーカラーだった

MacBookの背面にあるスタイリッシュなアップルのロゴ。

単色でシンプル。

しかし、1977年から1998年までの22年間、アップルは6色を使ったロゴマークを使っていました。

レインボーロゴの背景は、Apple IIがヒットしたことにあります。

ヒットの理由の一つは、280ドット×192ドットという高解像度で、6色ものカラー表示ができたからです。

いまでは、ん?6色だけ?と思う話ですが、当時としては画期的なことでした。

1998年、アップルに復帰をしたスティーブ・ジョブズが、ボンダイブルーの半透明筐体のiMacを発売。

この頃に、レインボーロゴは時代の役目を終えたとして、アップルロゴはiMacのイメージに合わせ、透明感のあるボンダイブルー色のものに変更されました。

以降、「かじり跡のリンゴ」という形は変わらないままですが、単色のロゴマークになっていきます!

ボンダイブルーの半透明筐体のiMac

Appleのロゴマークの変遷

スティーブ・ジョブズのデスクツアー

ジョブズのデスク。パソコンの待ち受け画像はFlower。ちょっと柔和。

https://www.lifehacker.jp/article/131101roomie_famous_office/

ジョブズのデスクは整理されているとはいいがたいですね。

アインシュタインマーク・ザッカーバーグの机の上も乱雑だったようです。

この偉人たちの共通点には、なにかありそうです。

【読んでみて良かった本】スティーブ・ジョブズだったらこうするね!

スティーブ・ジョブズの名言(2005年6月12日 スタンフォード大学卒業式スピーチより)

点と点を結ぶ

未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、将来、いつかどうにかして点は結ばれると 信じなければならない。

You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.

毎朝自分に問いかけたい言葉

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことかい?

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?

コメント

タイトルとURLをコピーしました