Peter Thiel’s Desk (ピーター・ティール)

ピーター・アンドレアス・ティール(Peter Andreas Thiel )は、アメリカ合衆国の起業家、投資家でPayPal(ペイパル)の創業者です。

純資産は27億ドル(日本円だと約3200億)…!!

私は最初、ピーター・ティールという名前を知りませんでした。

会社の先輩から本を貸してもらって知ったのですが、「だれ…?」というのが素直な感想でした。

ピーター・ティール氏はペイパルの共同創業者であり、イーロン・マスク氏らと共に「ペイパル・マフィア」と呼ばれ、Facebookを創業から支えた天才投資家として知られています。

というのも、創業まもないFacebookの価値を見抜き、初の外部投資家となったのです。

結果、約5億円を投資、約1000億円のリターンを手にしました。

先見の明がすごいです!

しかし、メタ(旧:Facebook)の取締役を退任すると2022年2月7日に発表されました。

スポンサーリンク

ピーター・ティールのデスク

Photo: Andrew White/The New York Times

ティール氏のニューヨークの自宅です。

シンプルな椅子が素敵で、インテリアにセンスを感じます。

デスクにはチェスボードがありますが、少年時代、ティール氏はチェスに熱中していました。

6歳でプレーを始め、1980年には13歳未満のアメリカ人チェス選手の7位にランクインしたほどの腕前です。

頭脳明晰のティール氏の高校成績はオール A で卒業式では総代を務め、出願した全ての大学から合格通知が届く超優秀ぶり。

ハーバード大学にも合格しましたが、家の近くにあった、スタンフォード大学へ進学を決めたのです。

共和党全国大会のスピーチでのカミングアウト

Getty/Drew Angerer

ピーター・ティールはトランプ大統領を早期から支持し大統領の政策顧問を務めたことでも有名です。

米大統領選に向けた共和党全国大会のスピーチで、自身がゲイであることを宣言しました。

共和党大会のスピーカーが壇上でゲイ宣言を行なうのは、史上初の出来事です。

「私はゲイであることを誇りに思い、共和党員であることを誇りに思います。しかし、それよりもまずアメリカ国民であることを誇りに思います。」

5分間のスピーチの中盤で彼はそのように述べ、大きな拍手に包まれました。

ピーター・ティールとイーロン・マスクの交流

Peter Thiel: REUTERS/Fred Prouser, Elon Musk: REUTERS/Hannibal Hanschke

ピーター・ティールとイーロン・マスクの付き合いは長いです。

2人の関係の始まりは、それぞれのオンライン送金サービス、ペイパルとX.comが合併した2002年に遡ります。

ピーター・ティールは投資以外に「宇宙開発」「アンチエイジング」などの事業を展開しています。イーロン・マスクとは「宇宙開発」という共通点がありますね。

世界で最もヤバい起業家の異名を持つピーター・ティール氏の来日

https://wired.jp/2015/03/06/peter-thiel-startup/

ピーター・ティール氏は2015年2月下旬、日本を訪れ学生の質問に答えています。

Question

もしもティールさんがいま22歳で、日本に住んでいる若者だったとしたら、どんなビジネスを始めますか?(学生その4)

Answer

何かを始めたいというのなら、自分が得意なもので、まだほかの人がやっていないことをやるでしょうね。そしてその答えは、皆さん自身が出さなくてはならないもの。

これまでの常識を無理に覆そうと躍起になる必要はなくって、もちろん競争相手が多すぎては成功の可能性も小さくなるのですが。「得意であること」と「ライバルがいないこと」。

この2つが鍵になるでしょう。

最初に私が抱いた「この人は誰だろう?何している人だろう?」の答えをひとことで表すのは難しいティール氏。

さまざまな顔を持ち「世界で最もヤバい起業家」と呼ばれる彼は、アメリカの政治や経済において、非常に強い影響力を持った実業家です。

ピーター・ティールの名言

ほかの生き物と違って、人類には奇跡を起こす力がある。僕らはそれを『テクノロジー』と呼ぶ。

小さいことと存在しないことは違う。

ピーター・ティールのおすすめ本:ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望 

ピーター・ティールといったら、逆張りの投資の手法です。

投資において、ウォーレン・バフェット氏との比較がおもしろかったです。

また、旧Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏との出会いやドナルド・トランプ氏との交流なども書かれていて興味深い一冊です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました