Coco Chanel’s Desk(ココ・シャネル)

ココ・シャネル(Coco Chanel、出生名:ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chasnel)はフランスのファッションデザイナー、企業家です。

彼女が創設したシャネルブランドは世界有数のファッションブランドとして現在も営業しています。

シャネルが12歳のときに母が病死。

シャネルは聖母マリア聖心会が運営する孤児院に預けられました。

孤児院での生活は厳しく質素なものでしたが、シャネルはそこで裁縫を学び、後に生かすことになります。

『もっと自分らしく生きる ココ・シャネル31の言葉日めくり』(株式会社JTBパブリッシング)

シャネルのバックについて、聖母マリア聖心会が運営する孤児院に預けられた経験が反映されているのをご存じだったでしょうか。

シャネル 2.55 (2009年)

このバッグのデザインには修道院や乗馬の思い出が込められています。

ストラップに使用されたチェーンはシャネルが成長した孤児院(修道院)の管理人たち(caretakers)が着用したチャタレイン英語版)に影響されたものであり、バーガンディの裏地の色は修道女の制服の色を表わすものだったのです。

チャタレイン Chatelaine 1700s – Hallwyl Museum

シャネルの没後12年目の1983年にシャネルのアーティスティック・ディレクターに就任したカール・ラガーフェルドが、2005年にシャネル社創業50周年を記念して再販したシャネル 2.55があります。

こちらは1955年にシャネルがデザインしたオリジナル版でした。

ラガーフェルドのシャネルへの敬意を感じます。

1964年当時のココ・シャネル SHAROK HATAMI / SHUTTERSTOCK (c) FAIRCHILD PUBLISHING, LLC

シャネルのデスクは、たくさんの本と鏡などの美しさにまつわるものがあります。

ドレッサーまわりには、デザイン画がいくつか貼られています。

ドレッサーのデザインが美しいですね。

雑誌ハーパース・バザー1937年9月号

修道院を感じさせる銅像もありますね。

1960年代当時のココ・シャネル SHUTTERSTOCK (c) FAIRCHILD PUBLISHING, LLC

写真はシャネルの葬儀。モデルたちがシャネルスーツで出席したことは有名なエピソードです。

スポンサーリンク

ココ・シャネルの名言

流行とは時代遅れになるものよ。

私は好きなことしかしない。
私は自分の人生を、自分が好きなことだけで切り開いてきたの。

美しさは女性の「武器」であり、装いは「知恵」であり、謙虚さは「エレガント」である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました