偉人デスクツアー

経営者シリーズ

Peter Thiel’s Desk (ピーター・ティール)

ピーター・アンドレアス・ティール(Peter Andreas Thiel )は、アメリカ合衆国の起業家、投資家。PayPal(ペイパル)の創業者。「世界で最もヤバい起業家」と呼ばれるピーターティールは、アメリカの政治や経済において、非常に強い影響力を持った実業家です。
YouTuber

Thomas’s Desk(トーマス)

トーマスは「トーマスガジェマガ」というブログを運営する奈良出身のYou Tuber、ブロガーです。独立して年収2000万円ほど稼いでいるYou Tuber、ブロガーのトーマスさんのデスク気になります。
偉人シリーズ

Peter Drucker’s Desk(ピーター・ドラッカー)

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者です。「経営学の神様」と呼ばれています。ドラッカーの書斎は約6畳ほどで、執筆のために使われていたタイプライターがあります。
偉人シリーズ

Shibusawa Eiichi’s Desk(渋沢栄一)

2024年から新一万円札の顔になることが決まっている渋沢 栄一は、日本の明治・大正期の実業家、財界の指導者です。渋沢が机で読んでいる「時事新報」は、福沢諭吉が 1882年3月1日に創刊した日刊紙なのです。
政治家シリーズ

Putin’s Desk(プーチン)

ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン(Vladimir Vladimirovich Putin )はロシア連邦の政治家です。当初は法曹界を目指していましたが、1975年の卒業と同時にKGB(スパイ)に採用されました。デスクの電話には秘密があります。盗聴不可能電話なのです。
偉人シリーズ

Darwin’s Desk(ダーウィン)

2月12日は『種の起源』を著したチャールズ・ロバート・ダーウィンの誕生日で、Darwin Day(ダーウィンの日)です。ダーウィーンは結婚にあたって「結婚した場合」と「結婚しなかった場合」についてメリット、デメリットを考えメモをしていました。
偉人シリーズ

Nikola Tesla’s Desk(二コラ・テスラ)

ニコラ・テスラ(Nikola Tesla)は、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家です。1884年にアメリカに渡りエジソンのもとで働き、1年後独立します。イーロン・マスクのEV(電気自動車)メーカー「テスラ」の社名は、ニコラ・テスラにちなんでつけられたものです。
芸能人シリーズ

Fujita Nicole’s Desk(藤田ニコル)

アットホーム株式会社が調査した『部屋がおしゃれだと思う芸能人』 1 位 藤田ニコル という結果がでていました。(2017年12月21日)。そんな彼女のお部屋はどんな感じなのでしょう。
偉人シリーズ

Coco Chanel’s Desk(ココ・シャネル)

ココ・シャネル(Coco Chanel、出生名:ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chasnel)はフランスのファッションデザイナー、企業家です。シャネルのバックについて、聖母マリア聖心会が運営する孤児院に預けられた経験が反映されているのをご存じだったでしょうか。
政治家シリーズ

Barack Obama’s Desk(バラク・オバマ)

2009年1月20日に大統領に就任し、初のアフリカ系・有色人種・ハワイ生まれの大統領となり、2017年1月20日に2期8年の任期を務めあげました。大統領執務室のデスクにはボタンが付いた木箱が置いてあります。こちらのボタンは大統領の机の上に置かれ、それを押せば「ダイエットコーク」が執務室まで運ばれてきたといいます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました