文豪シリーズ

文豪シリーズ

ラムの「だっちゃ」は仙台の方言!:Takahashi Rumiko’s Desk(高橋留美子)

ラムちゃんの「~だっちゃ」という喋り方は今や世界的に有名です。高橋留美子氏は、これについてインタビューに答えていました。キャラクターの喋り方に個性をと考えたとき、仙台を舞台にした青春小説『青葉繁れる』(井上ひさし/文藝春秋)を思い出したんです。
文豪シリーズ

Souseki Natsume’s Desk(夏目漱石)

夏目 漱石(なつめ そうせき)は、日本の教師・小説家・評論家・英文学者・俳人。『吾輩は猫である』のモデルの黒猫は福猫だったといわれています。名前はなく、猫、猫と呼ばれていたそうです。
文豪シリーズ

Inagaki Taruho’s Desk(稲垣足穂)

夏はふんどし一丁、冬はその上に浴衣を羽織り制作していたそうです。三島由紀夫と交流のあった稲垣足穂は熱心な同性愛研究家で、ふんどしをしめた上での奇行で有名。三島同様に男色趣味のあった足穂はふんどしでインタビューに応じたり、若い男をくどいたりしていたといわれています。
文豪シリーズ

Mishima Yukio’s Desk(三島由紀夫)

三島由紀夫デスクは書籍が多いですが、整理整頓されています。当時はパソコンがないので、辞書なども多くありそうです。三島由紀夫は猫好きで、彼の机の引き出しには常に猫の好物である煮干が入っており、書斎の襖には猫のための小さな出入り口が作られていたといいます。猫に対する愛情が分かる言葉があります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました