偉人シリーズ

偉人シリーズ

Madame Curie’s Desk(キュリー夫人)

放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞を受賞し、パリ大学初の女性教授職に就任。放射能の研究に多大な貢献をしたキュリー夫人の手書きのノートは、120年経っても放射能を帯びており、今後1,500年経っても放射能を帯び続けると言われています。
偉人シリーズ

Peter Drucker’s Desk(ピーター・ドラッカー)

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者です。「経営学の神様」と呼ばれています。ドラッカーの書斎は約6畳ほどで、執筆のために使われていたタイプライターがあります。
偉人シリーズ

Shibusawa Eiichi’s Desk(渋沢栄一)

2024年から新一万円札の顔になることが決まっている渋沢 栄一は、日本の明治・大正期の実業家、財界の指導者です。渋沢が机で読んでいる「時事新報」は、福沢諭吉が 1882年3月1日に創刊した日刊紙なのです。
偉人シリーズ

Darwin’s Desk(ダーウィン)

2月12日は『種の起源』を著したチャールズ・ロバート・ダーウィンの誕生日で、Darwin Day(ダーウィンの日)です。ダーウィーンは結婚にあたって「結婚した場合」と「結婚しなかった場合」についてメリット、デメリットを考えメモをしていました。
偉人シリーズ

Nikola Tesla’s Desk(二コラ・テスラ)

ニコラ・テスラ(Nikola Tesla)は、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家です。1884年にアメリカに渡りエジソンのもとで働き、1年後独立します。イーロン・マスクのEV(電気自動車)メーカー「テスラ」の社名は、ニコラ・テスラにちなんでつけられたものです。
偉人シリーズ

Coco Chanel’s Desk(ココ・シャネル)

ココ・シャネル(Coco Chanel、出生名:ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chasnel)はフランスのファッションデザイナー、企業家です。シャネルのバックについて、聖母マリア聖心会が運営する孤児院に預けられた経験が反映されているのをご存じだったでしょうか。
偉人シリーズ

Diana’s Desk(ダイアナ)

ウェールズ公妃ダイアナ(Diana, Princess of Wales)は、イギリスの第1位王位継承権者・ウェールズ公チャールズの元妃。ケンジントン宮殿のダイニングテーブルでの会議の最中、書類を手にとるダイアナ妃。ダイニングテーブルで公務をおこなうことがしばしばあったようです。満面の笑みが非常に美しい女性です。
偉人シリーズ

Albert Einstein’s Desk(アインシュタイン)

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)はドイツ生まれの理論物理学者です。アインシュタインの机の上は整理整頓とは程遠い散らかりようですが、机の上がぐちゃぐちゃになっていたのはアインシュタインだけではないのです。スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグなども机の上がカオス状態といわれています。
偉人シリーズ

Helen Keller’s Desk(ヘレン・ケラー)

視覚と聴覚の重複障がい者(盲ろう者)です。世界各地を歴訪し、障がい者の教育・福祉の発展に尽くしました。ヘレン・ケラーは日本に3度訪れています。早稲田大学や東北学院大学を訪問しました。
偉人シリーズ

Karl Lagerfeld’s Desk(カール・ラガーフェルド)

世界的なブランド「シャネル」「フェンディ」などのクリエイティブディレクターを務めたファッション界の重鎮。ポニーテールの白い髪・暗い色のサングラス・高い襟のシャツという容姿がトレードマーク。ラガーフェルドは写真家としての顔も持ち、約30年にわたって「FENDI」や「CHANEL」などの広告ビジュアルを撮影してきました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました